オンラインセミナーのご案内


溶接の基礎

講師:ソノヤラボ(株)代表、元山梨大学教授 園家啓嗣

開催日時:2022年8月26日(金) 13:00~14:00

開催場所:Zoomによるオンラインセミナー

受講料  :無料

募集定員:20名

 

※申し込み締め切り期限は2022年8月19日(金)まで

※ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。お申し込みの前にZoomでの視聴環境のご確認をお願いいたします。(https://zoom.us/test)

 

概要:溶接は古くからある基盤技術である。構造物はほとんどが溶接構造でできており、溶接はものつくりの基本となる技術であると考えられる。本講座において、歴史および溶接の種類(アーク溶接、ガス溶接、固相接合、レーザ溶接など)の概略について説明する。本セミナーでは、各種製品の設計・製造に携わっている技術者や溶接の仕事に従事している技術者を対象に、溶接射技術の基礎をわかり易く解説する。本セミナーは、メーカーの現場の技術者や設計技師にとって大いに役立つと考えられる。

¥0

ダウンロード
プログラム(溶接の基礎).pdf
PDFファイル 444.8 KB

めっきの基礎と応用 ~各種めっきの基礎と特徴、皮膜評価、不良対策~

講師:ソノヤラボ(株)代表、元山梨大学教授 園家啓嗣

開催日時:2022年9月28日(水) 10:00~17:00

開催場所:Zoomによるオンラインセミナー

受講料  :35,000円/人

募集定員:20名

 

※申し込み締め切り期限は2022年9月21日(水)まで

※ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。お申し込みの前にZoomでの視聴環境のご確認をお願いいたします。(https://zoom.us/test)

 

概要:めっきは古代から利用されてきた古くて新しい技術である。めっきが適用されている分野では耐食性、装飾、耐摩耗、耐熱性などが付与できることから、めっき技術がカバーできる範囲は非常に広い。本セミナーでは、多分野で使用されている各種のめっき技術について原理、特徴、応用例を解説し、めっき皮膜の品質評価法についても述べる。また、実際のめっき作業工程での留意点のポイントを説明する。更に、めっきのトラブル対策等についても述べたい。本セミナーは、各種メーカーで、設計や製造に携わる技術者に大いに役立つと考えられる。

¥35,000

ダウンロード
プログラム(めっきの基礎と応用).pdf
PDFファイル 820.4 KB

レーザ加工技術の基礎と応用 ~切断、溶接、肉盛、表面熱処理、ピーニングなど~

講師:ソノヤラボ(株)代表、元山梨大学教授 園家啓嗣

開催日時:2022年10月26日(水) 10:00〜17:00

開催場所:Zoomによるオンラインセミナー

受講料  :35,000円/人

募集定員:20名

 

※お申し込みの締め切り期限は2022年10月19日(水)まで

※ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。お申し込みの前にZoomでの視聴環境のご確認をお願いいたします。(https://zoom.us/test)

 

概要:レーザは、指向性と集光性が良く高密度エネルギーを得られるなど、数多くの優れた特性があるため、金属の切断、溶接、表面熱処理から、プラスチック、ゴムなどの有機材料の加工にまでアプリケーションが拡大している。本セミナーでは、各種分野で適用可能な主なレーザ加工(接合、肉盛、切断、表面熱処理、ピーニング、その他)について原理、特徴などを説明する。また、自動車をはじめとして、原子力発電設備まで幅広い分野への応用例を述べる。更に、最新新技術についても紹介する。本セミナーは、各種メーカーで設計・製造に携わる技術者にとって非常に有益だと考えられる。

¥35,000

ダウンロード
プログラム(レーザ加工技術の基礎と応用).pdf
PDFファイル 632.5 KB

アルミの抵抗スポット溶接の基礎とその応用

講師:ソノヤラボ(株)代表、元山梨大学教授 園家啓嗣

開催日時:2022年8月24日(水) 10:00〜17:00

開催場所:Zoomによるオンラインセミナー

受講料  :35,000円/人

募集定員:20名

 

※お申し込みの締め切り期限は2022年8月17日(水)まで

※ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。お申し込みの前にZoomでの視聴環境のご確認をお願いいたします。(https://zoom.us/test)

 

概要:自動車・車両などは燃費向上のため軽量化が推進され、鉄鋼以外にアルミ合金も適用されている。自動車パネル用のアルミ合金の接合には、リベットや摩擦撹拌と比べて容易さの面で抵抗スポット溶接が適している。また、構造的に安全性確保のため高強度鋼を使用せざるを得ないため、どうしても鉄鋼/アルミ合金の異材抵抗スポット溶接も必要になる。

本セミナーでは、アルミ合金の抵抗スポット溶接技術について、更にはこれから必要になる技術である異材抵抗スポット溶接についても、現場の技術者が理解できるように基礎的な知識から小職が今まで抵抗スポット溶接技術関係で研究してきた専門的な内容(アルミ合金、鉄鋼/アルミ合金の異材)まで幅広く説明したい。本セミナーは、現場の技術者に大いに役立つと考えられる。

¥35,000

ダウンロード
プログラム(アルミスポット溶接).pdf
PDFファイル 442.3 KB